第9回 日本公衆衛生看護学会学術集会

第9回 日本公衆衛生看護学会学術集会

プログラム

PDFファイルダウンロード

WS-07「公衆衛生看護学の体系を基にした継続教育の取り組み」の意見交換は、
  オンライン自主集会に変更となりました。

プログラム

メインプログラム

  • 会長講演

    公衆衛生看護の責任と実践
    ~誰も取り残されない「社会的包摂」の実現をめざして~
    演者
    大木 幸子(杏林大学保健学部 教授)
  • 基調講演

    戦後のハンセン病行政から保健師活動を照射する
    ~公衆衛生看護の責任と実践を踏まえて~
    演者
    木村 哲也 氏(国立ハンセン病資料館 学芸員)
  • 教育講演1

    考えることを手放さないために ――ハンナ・アーレントと私たちの今
    演者
    矢野 久美子 氏(フェリス女学院大学国際交流学部 教授)
  • 教育講演2

    水俣(MINAMATA)の歴史に学ぶ公衆衛生の役割と責任
    演者
    宮北 隆志 氏
    (熊本学園大学水俣学現地研究センター センター⻑)
  • 教育講演3

    コミュニティと協働し、実践を育むアクションリサーチ
    演者
    市川 誠一 氏
    (金城学院大学消費生活科学研究所 教授)
  • シンポジウム1

    貧困と孤立を越え地域に居場所を紡ぐために

    生活困窮世帯の子ども達への保健活動〜⾷育を軸とした官⺠協働の取り組みについて〜

    演者
    藤田 恭子 氏(上尾市健康福祉部生活支援課 副主幹)

    コロナ禍におけるハウジングファースト型支援の実践から

    演者
    稲葉 剛 氏(一般社団法人つくろい東京ファンド 代表理事)

    HIV陽性者のもつ生きづらさへの支援

    演者
    生島 嗣 氏(認定特定非営利活動法人ぷれいす東京 代表)

    居場所がない妊婦からのSOS〜若年妊婦のための居場所『ぴさら』、project HOME について〜

    演者
    中島 かおり 氏(特定非営利活動法人ピッコラーレ 代表理事)
  • シンポジウム2

    (助成:公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団)

    療養者・家族中心の地域包括ケアシステムの構築1~療養者・家族の意思決定を支える~

    患者の物語とケア者の関与

    演者
    宮坂 道夫 氏(新潟大学大学院保健学研究科看護学分野 教授)

    神経難病療養者と家族の療養生活の選択を支える

    演者
    奥山 典子 氏(東京都立神経病院患者支援センター地域療養支援室 統括課⻑代理)

    ICTを活用した患者のものがたりと語りの共有による在宅医療

    演者
    伊藤 伸一 氏(一般社団法人秋田県医師会 副会⻑)

    人生と生活に寄り添う支援へのICTの可能性

    演者
    丹野 清美 氏(国立病院機構東京医療センター政策医療企画研究部臨床疫学研究室 研究員)
  • シンポジウム3

    災害とリスクコミュニケーション~福島第一原子力発電所事故後の10年を振り返る~

    ⾷品中に含まれる放射性物質の検査のあり方に関するリスクコミュニケーション

    演者
    堀口 逸子 氏(東京理科大学薬学部 教授)

    小児甲状腺がん患者と家族への支援

    演者
    牛山 元美 氏(さがみ生協病院 内科部⻑)

    東日本大震災・原発事故避難者からのメッセージ
    −避難生活の困難と立ち直りの語りから保健師として考えること−

    演者
    草野 つぎ 氏(福島県立医科大学総合周産期⺟子医療センター NICU入院児支援コーディネーター)
  • 公衆衛生看護技術セミナー1

    実践の中にうめこまれた公衆衛生看護技術をみなおす
    演者
    佐伯 和子 氏(富山県立大学看護学部 教授)
  • 公衆衛生看護技術セミナー2

    公衆衛生看護の責任と技術を継承する~「宮本ふみ」が残した実践者へのメッセージ~

    地域と住⺠によりそい協働する支援〜宮本ふみさんと共に築いた活動〜

    演者
    塚原 洋子 氏(保健師のための相談室(なごみ)主宰)

    宮本ふみから学んだケアの思想—倫理と技法の連接点―

    演者
    佐野 信也 氏(ふじみクリニック 精神科医)

    宮本ふみさんの実践から技術を抽出し継承する

    演者
    市川 かよ子 氏(東京都立神経病院患者支援センター地域療養支援室 主任)

    先達の足跡から学ぶ保健師のまなざしと技術

    演者
    三浦 千裕 氏(東京都南多摩保健所企画調整課 主任)

    「無名の語り」をとおして保健師教育課程で学生に伝える保健師の責任と技術

    演者
    福本 久美子 氏(九州看護福祉大学看護福祉学部 教授)
  • 公衆衛生看護技術セミナー3

    無関心層へのアプローチ~誰も取り残されない健康支援~

    仕掛学による無関心層へのアプローチ

    演者
    近藤 尚己 氏(京都大学大学院医学研究科 主任教授)

    健診未受診者への個別支援アプローチ

    演者
    和泉 京子 氏(武庫川女子大学看護学部 教授)
  • 公衆衛生看護技術セミナー4

    風水害発生の二次健康被害・災害関連死を予防するために
    ~防災対策と災害保健対策の連携をめざし~

    水害時の組織マネージメント〜市内限局的水害を経験して〜

    演者
    柗野 今日子 氏(八王子市健康部(八王子市保健所) 健康増進担当課⻑(統括保健師))

    災害関連死を低減するために防災対策の立場から期待すること
    −八王子市の災害対応から考えたこと−

    演者
    ⿊田 洋司 氏(一般財団法人消防防災科学センター 研究開発部⻑兼統括研究員)

    防災部署との連携のために必要なこと〜風水害発生時の⼆次被害・災害関連死を予防するために〜

    演者
    奥田 博子 氏(国立保健医療科学院健康危機管理研究部 上席主任研究官)
  • 特別セミナー

    (助成:公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団)

    介護者支援による地域づくり活動と保健師への期待

    生活者と介護者の立場のはざまで感じること〜家族の介護経験を通して〜

    演者
    岸本 今日子 氏(介護者(ケアラー))

    介護者支援による地域づくりと保健師への期待

    演者
    牧野 史子 氏(特定非営利活動法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン 理事⻑)
  • パネルディスカッション1

    配偶者暴力(DV)被害者支援と児童虐待予防との連携

    DVと子ども虐待が併存する家族へのアプローチ

    演者
    加茂 登志子 氏(若松町こころとひふのクリニック PCIT研修センター⻑)

    虐待相談の中のDV被害

    演者
    川野 由紀子 氏
    (東京都北児童相談所 課⻑代理)

    母子保健活動における児童虐待予防と家族アセスメント

    演者
    笠 真由美 氏(杉並区子ども家庭部 地域子育て支援担当課⻑)

    学校は家庭内の暴力にどう向き合えるのか?

    演者
    ⼾賀沢 亮子 氏(前埼玉県立高校 養護教諭)
  • パネルディスカッション2

    (助成:公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団)

    療養者・家族中心の地域包括ケアシステムの構築2
    ~多様な課題をもつ療養者と家族を包摂する地域包括ケアシステムの構築~

    難病療養者の生活課題と地域ケアシステム〜東京都保健師の難病保健活動から考える〜

    演者
    岡田 美保 氏(東京都多摩小平保健所保健対策課 統括課⻑代理)

    HIV陽性者の高齢化を踏まえて地域ケアシステムを考える

    演者
    池田 和子 氏(国立研究開発法人国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター 看護支援調整職)

    医療的ケア児等への地域包括ケアシステムの構築への期待

    演者
    谷口 由紀子 氏(淑徳大学看護栄養学部 助教)

    障害児・障害者を支える地域ケアシステムづくり

    演者
    相良 裕美 氏(多摩市健康福祉部障害福祉課発達支援室(兼)教育センター 担当主査)
  • 特別企画

    新型コロナウイルス感染症対策をめぐる保健師の活動(災害・健康危機管理委員会共催)

    COVID-19対策を通してつくる新たなる関係づくり〜地域づくりにどうつなげるか〜

    演者
    ⻫藤 富美代 氏(災害・健康危機管理委員会 委員⻑/埼玉県狭山保健所 副所⻑)

    COVID-19対策における公衆衛生看護の専門性〜人材育成の視点から〜

    演者
    河⻄ あかね 氏
    (東京都保健政策部(東京都南多摩保健所) 地域保健推進担当課⻑)

    COVID-19対策体制の中で感じる保健活動のジレンマと課題

    演者
    本田 浩子 氏(東京都多摩小平保健所保健対策課 統括課⻑代理)
  • 企画展

    • 「宮本ふみ」企画展
      「宮本ふみさんの残したメッセージ」(協力:医学書院)
    • ハンセン病企画展
      「国立ハンセン病資料館バーチャルツアー」(協力:国立ハンセン病資料館)
    • 水俣学企画展
      「MINAMATA から学ぶ水俣学」
      (協力:熊本学園大学水俣学研究センター 山口 忍 氏(茨城県立医療大学))
  • 一般演題
  • ワークショップ
  • 会員集会・学術奨励賞表彰報告

MENUクリックでページに移動

学術集会事務局
杏林大学
保健学部看護学科
〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
E-Mail: japhn9@ks.kyorin-u.ac.jp
運営事務局
(株)ユピア
〒456-0005
愛知県名古屋市熱田区池内町3-21
FAX: 050-3737-7331
E-Mail: japhn9@yupia.net
日本公衆衛生看護学会