第9回 日本公衆衛生看護学会学術集会

第9回 日本公衆衛生看護学会学術集会

ご挨拶

急速に高齢化や少子化が進む中、家族機能の脆弱化やコミュニティのつながりの希薄化が加速し、地域では孤立が、家族内では密室化が進行しています。加えて経済状況の長期停滞を背景に、企業共同体の崩壊やワーキングプアといった労働の質の劣化が進み、社会的格差が広がっています。そして公衆衛生看護の現場は、このような格差から生じる健康課題と直面しています。とりわけ、子どもや高齢者、障がい者への虐待や、嗜癖問題、セルフネグレクト、自死など、人々が自らのあるいは家族の「健康と生命」を守ることが困難な状況がさまざまな場面でみられています。私たちが直面しているこれらの課題に共通する困難は、他者とのつながりへの信頼と期待の喪失です。「社会的包摂」とは、こうした孤立した人々のつながりを紡ぎなおし、一人ひとりを社会の構成員として認め合い、ともに暮らす地域社会をつくり出すことです。それは多様性を認めあいながら、誰も取り残されることなく、一人ひとりがもっている力を発揮しあえる、共生社会でもあります。

「公衆衛生看護の責任」は、健康格差と社会的排除にさらされている人々の困難と対峙し続ける姿勢と、全ての人々の健康の実現に向けて不平等の解消と社会的包摂を実現した共生社会をめざす努力であると考えます。しかし、その処方箋はたやすくはありません。公衆衛生政策を振り返ると、公共政策の名のもとに、コミュニティの分断や社会的な排除が引き起された歴史があります。ハンセン病、水俣病、薬害や公害問題などの歴史には、そうした社会構造的な要因が刻まれています。そしてこれらの要因は、過去の特殊な時代背景によるものではなく、現在の私たちが直面している課題においても、共通性をもっています。

社会的格差を内包しつつグローバリズムが進展する時代状況に対して、公衆衛生看護の責任に真摯に向き合い、有効なアプローチを生み出そうとする理論と実践の積み重ねは、公衆衛生看護学にとっての大きなチャレンジといえます。そのために、歴史をもう一度見直し、私たちが見落としてはならない社会的視座を検証すること、そして取り残されようとしている人々を見出し支えるための活動実践や技術について、保健師の先達の実践や研究成果、他の学問領域の知見、さらにNPO/NGOなど市民社会の取り組みなど、多様な立場にある人々の経験と知見を共有し語り合うことは、その手掛かりになると考えます。

本学術集会では、歴史が語るメッセージから、格差と排除が進行する今の時代にある私たちが堅持すべき責任を照射し、未来を切り開く公衆衛生看護の実践を語り合いたいと願っています。皆様のご参加を心からお待ちしています。

第9回日本公衆衛生看護学会学術集会

  • 学術集会会長
    大木 幸子(杏林大学 保健学部看護学科)
    学術集会副会長
    河西 あかね(東京都保健政策部/全国保健師長会)
  • 企画委員会、実行委員会、事務局一同
学術集会事務局
杏林大学
保健学部看護学科
〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
E-Mail: japhn9@ks.kyorin-u.ac.jp
運営事務局
(株)ユピア
〒456-0005
愛知県名古屋市熱田区池内町3-21
FAX: 050-3737-7331
E-Mail: japhn9@yupia.net
日本公衆衛生看護学会